スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
紀州犬サミット
20071202190453.jpg
   

20071202190923.jpg




 今日も穏やかな一日で ”紀州犬の登録候補審査会”って
言うイベントを冷やかしに見に行ってきました

 わ~! 手入れも行き届いて立派~~!って思う犬やら
飼い主さんが「うちはただ飼ってるって言うだけで手入れもなにも・・・」って言うような犬もいて、堅苦しい審査会じゃなかって
よかったよ


20071202190418.jpg

 犬が白くて見えないけど



 中には我が家のアホ犬チャッピーにそっくりな犬まで
 チャッピーはミックス犬だけど、一応は紀州犬が混じってるんよね


20071202190754.jpg

 多分、兄弟犬だと思うけど、可愛いかったなぁ

20071202190328.jpg

 暇つぶしに穴掘って、鼻が~

20071202190835.jpg

 なんでも赤ちゃんの時は可愛いね~


 猪なべのふるまいを頂いて、そのあと太鼓の演奏もあったけど
「テスト勉強あるし・・・」って言うから
食い逃げで帰ってきました


・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★


 -紀州犬物語(弥九郎の犬)-

 江戸時代、紀の国は坂本村に弥九郎という鉄砲撃ちの名人がいました。

ある日の夜、弥九郎が山道を歩いていると、喉に骨が引っ掛かり苦しんでいる一匹のオオカミがうずくまっていました。

弥九郎は骨をぬいてオオカミを助けると、「もしよければ、お前の子供を一匹俺にくれんか?」といって、オオカミを放してあげました。

それからしばらくして弥九郎の家の前に一匹のオオカミの子がおいてありました。弥九郎は、これはあのオオカミに違いないないと思い「マン」と言う名前をつけて大事に育てました。

ある年、新宮のお殿様が狩りをした時、一頭の手負いのイノシシが殿様めがけて突進して来ました。それを見たマンはイノシシに襲いかかり、見事に倒してしまいました。

こうしてマンは、この辺りでは知らない人がいないほど有名になりました。

この弥九郎の犬が後の紀州犬の先祖だということで、紀州犬はオオカミの血を引いているといわれています。


  ランキング入りました♪
1日1クリックお願いします*:.。☆..。.(´∀`人)
 なかなか頑張ってるんでよかったら応援ポチ宜しくネ^^*


ブログ検索☆BITZ
 
ここをぽっちってしてネ





スポンサーサイト
[2007/12/02 17:15] たわいのない事 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<親バカって言われそう(○´∀`)ゞ | ホーム | ふもとも色づいて\(~o~)/>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://chapiko.blog15.fc2.com/tb.php/828-40a245d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。